FC2ブログ

風邪と喘息の引き金

今回風が凄く長引いて、
熱もほぼ平熱になったのに、
時々咳が出ると、それは喘息の時の咳になっている。
薬を見たら、気管支炎や喘息の咳を抑えると書いてあった。

喘息とみて 
そうだ、今回風邪をひく直前に喘息発作起きていたと思い出した。
それは風邪の症状が出る3,4日前の事

友人に連れられて行った家の中には室内犬が4頭いた
どれもがやたらと私のところに来る、
できるだけ距離を保っていたが気が付いたらそれらは交互に私の膝の上に来る。
飼い主が不思議そうに見ていた。
他にも人がいるのにこぞって私のところに来るから。

これは、以前にも幾度も経験している、家族以外には絶対なつかないとか
凄く吠える犬が、なぜか私のところに来たがる、しかも膝の上に乗る
ミシンの修理でうかがった家のパピヨンが家族にさえ奥さん以外はなつかないと言っていたが
5分も経たずに私のところに来て甘える、
無視してミシンの修理をしていたら椅子の背もたれと私の背中の間で寝てしまった。
こんなことは初めてと言われた。

嫌いなわけじゃないから、好かれるのは嬉しいが
家に帰る途中から喘息発作に見舞われる。

動物の毛による喘息発作のアレルギーがある私は
その事が分かってから、
長年続いていた喘息の原因を断ち切ろうと決意して
最後に飼っていた猫が亡くなった後は、一切ペットを飼うのをやめた

それまでは、昔インコを買っていた時に医師に言われた、
「あなたとお嬢さんの喘息を治したかったらインコを飼うのを辞めましょう」と
それで増え過ぎてもいたセキセインコを欲しがっていたご近所の人たちにカゴのまま数人にあげた。
でも猫は飼っていた、貰い手が見つからないので。
最初は2匹、その後生まれた4匹そこですぐに避妊手術をした、それ以上増やさないために
所が、なんと我が家の玄関に捨て猫が数度、最高13匹になってしまった。
それぞれに順番に手術をして、凄い出費が続いた。
避妊手術、病気で入院、けがで入院と、私の収入は猫のために消えると笑っていたわ。
この子達の貰い手を探すもなかなかいない。
車の下が好きで下にもぐって、知らずに買い物に行って停めたら仔猫が飛び出して、そのまま行方不明
のちに知った、そのスーパーの隣の大きな農家で飼われていた、事故に遭わなくてよかった、
引き取るつもりで話に行ったら、すっかりなついているからここで飼いますよと言ってくださった。
でも他にも行方不明になったのがいる、
隣の工事に来ていたトラックに乗って行って、猫の鳴き声に気が付いて戻ってくれた大工さんもいた。
玄関に病気の猫が捨てられてそれを迎え入れて病院通いしたが
手遅れで亡くなって、その病気がうつって亡くなった仔もいた。
最後の一匹が癌で亡くなってから、もう飼わないはずが縁側で瀕死の野良猫がいて
それを介抱して病院に入院させて治っても捨てるわけにもいかないから飼う
その猫が凄く忠実な猫で、夫が可愛がっていた。
自分のお刺身をまず猫の分を取り分けてあげてから、自分のを用意していた。
だから絶対キッチンやテーブルにご馳走があっても手を出さない。

そんな状態で、私の病気は続いていた、喘息は頻発していた。

その猫が亡くなりしばらくして引っ越したが、
夫は、もう絶対ペットを飼わないと宣言した。
私以上に猫や動物が好きだったが、、

それが、私の病気のためだった、飼わなくなってからめったに喘息が起きていなかったが
今回久し振りに喘息発作が夜中に出て、その後鼻水が出て、風邪になった。
喘息の発作が起きて、抵抗力が低下して感染したようです。

はっきりアレルギーと伝えるべきだった。
今回3週間喘息が続いている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるやま

Author:ふるやま
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

備忘録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード