FC2ブログ

物の交換時

数年前にどこかのお店で、小ぶりの品の良い急須を買った
特にこだわりもなく、大きさもちょうどよく、使い勝手が良くて気に入っていたが、
先日、頭を打って数日後手がしびれていた時に、蓋が滑り落ちて粉々になった。
そこまで細かく割れたら修理できないです。
同じものを探しているが見つからず。
買い替えるにも、それがあまりに使いよかったので、なかなか気に入るものに出会えず。
ネットショップも探すが見当たらない。
メーカーはわかる、
頻繁に新製品が出てモデルチェンジされている
でも、現行品で気に入るのがなかなか見つからない。

けがの代償は、こういうところに現れた。

ほかのものであるものを使いながら気長に捜すことにしよう。


フライパンのテフロン部分は剥げてこそいないが、こびりつきがひどいので
加工に出すことにした。
アサヒ軽金属のオールパン
加工料金で普通に売っているまあまあ良いのが買える金額なので躊躇するが、
以前テフロンだけ再加工する会社に出した経験もあるが、
外回りが汚くなる、外側は内側に吹き付けたテフロンが飛び散るので
底や周りはそのままノータッチで汚らしくなって戻ってくる。
二度ほど頼んだが、やっぱりきちんと作ったメーカーに依頼しよう
外周りも底も新品同様に加工してくれるところだから。
値段の差は仕上がりの差だった。
幾つかあるうちに一番出番の多い22cmサイズの物、ほぼ毎日使っている。
他のも使ってみて、やっぱりこれに戻る。
最近出た軽い物に変えようかと調べると、再加工対象外という、それならいらない。

昨日活力鍋で玄米調理中、脇からすごい勢いで蒸気が出た、
すぐに火を止めて蒸気も抜いてパッキングの点検して付け直して再調理した。
色の具合からそろそろパッキングの交換時期と判断して
他のサイズの活力鍋も調べて似た状態なのでそれのも一緒にほかの部品もいろいろ全部二つ分注文した。
一度パッキン類は交換しているが使わなくても劣化しするという。
30年保証、底の刻印から2006年製とわかる、どちらも、
引っ越した時、持っていた活力鍋はIH対応じゃないので、IHに変えた時2007/06買い替えた。
作られたのは刻印を見るとその1年前の品。

古いタイプは7層構造だが現行品は5層、どう違うか使い勝手にどう影響するか?

圧力なべに限らず多層であればあるほど値段は高くなる
これはどこのメーカーでもそうです。
そしてどう違うか、
はっきりわかるのは、味が違う、野菜などは本来のおいしさがひきだされます。
その違いを味わってしまうと、もともと安い鍋で妥協できなくなる。

これはミシンに限らず、食料品、家電製品、ミシンなども
良いものを経験すると、戻りにくいです、
知らなければ問題なくどんなものでも喜べるのにね。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるやま

Author:ふるやま
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

備忘録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード