FC2ブログ

異常な一日

ちょっとしたミスが、大ごとになった日

昨夜遅く帰った私は、いつものように縦列駐車の為に夫の車を前にして
自分の車を後ろにと入れ替えた。
当然夫が早朝に仕事に行くものと思っていたから、
しかし、7時頃、朝食中にチャイムが鳴った。
来るはずの人は10時ごろのはずなのに、行って見たら夫だった。
仕事はお休みだそうで、「いるよ」と伝えたかったらしい。
大急ぎで夫の朝食を作る。
今日は10時ごろに仕事を依頼している人が来ると昨日連絡があった。
先月の10日に依頼して、納期まで一週間と言われていたのに遅れていたので
連絡して催促した物だった。
しかし10時50分ごろにやっと来た。
私は10時50分に家を出る予定だったのに、そのまま夜までスケジュールびっしりで、
特に今日は大切な日なのです。
ここで時間の歯車が狂う。

私が出掛けるために縦列駐車の前方に有る夫の車と入れ替える
夫が車に行ったら「鍵が開かない」と言う、キーレスキーのカギ部分だけに出来るカギの外し方を夫は知らない
カギを抜いてそれでドアを開けるが、
エンジンがかからない、バッテリーが上がった。
原因は、ライトが点いたままの位置になっていた事、
犯人は私です、昨夜入れ替えて気が付かなかった。
後ろの車とブースターケーブルをつなぐには距離が足りない。
近所で車があるところを次々と行って見るが留守、一人いたが出掛ける寸前で無理、
ゴミ回収車が来たのでお願いして繋いでもらうが駄目だった。
夫は甥に電話して頼んだが、「後で行く」と言ったそうだ。
私が出掛ける間には合わない、すでに時間はどんどん経過している
バス&電車乗りついて行く事にして、バス停に向かう、持って行くはずの荷物は諦めた
時間過ぎていくので早めに行って用意する為の物は不要になった、
他もわざわざ私が持って行かなくても良いだろう物なので、荷物を減らして
小走りで600mぐらい先にあるバス停に向かう、ひたすら直進。
途中の交差点の右にバスが来ているのが見えた、曲がるために信号待ちしているので
先にバス停につけるように走るが、靴が緩くて脱げそう (゚△゚;ノ)ノ、
バスが脇を通り過ぎて行く、バス停に乗客が二人いる、
私に気が付いて列の後ろのご婦人が扉に手をかけて乗り込まずに
私を待ってくれていた。感謝
全速力で走った、
しかし、バスの入り口で止まれず、1,5mぐらい先まで体が行ってしまった、
そこで夢中で止まったら、なんとすごい勢いで転んだ。
頭が弾んだ、ガンガンガンと、
先に降りたおじいさんが私を抱えて起き上がらせて支えている。
しっかり支えているが、「すみません、バスに乗らなければ・・」と振りほどいて乗った
震える手でスマホをSuicaのタッチパネルに当てて
椅子に座ったが、息切れは続いたまま、、苦しいが、そのうち収まる。
指の関節2カ所が削れて血が出ている、膝も点々と擦り剝けて、打った頭はとコンパクトで見ると
膝の傷に似た点々のきずがあるが出血はしていない。
不思議とスカートもストッキングも無傷だった、ブラウスに血が少しついただけ。
電車に乗るために気をつけて手すり側を歩いた階段も大丈夫だった、
電車で座れたので靴のストラップを詰めた、穴を紐が一番短い位置にした、
サイズは合っているのだが柔らかい皮で緩くなっていた。
電車を乗り継いで目的地に着く、おでこは触るとかなり腫れあがっている。
目的地の建物のエレベーター内の鏡でおでこを見るととんでもないほど腫れて内出血している
前髪で隠して、その日の予定をこなす。
腫れがどんどんひどくなって、青くなってきて目立って、心配されたのだが、
私の自己判断では、両膝と手と頭に力が分散したので大丈夫のはず、
ただの打ち身で、問題は無いと思った。
眩暈やふらつきも無い、熱も出ていない、でも周りに人達は、
何よりもまず一刻も早く病院に行くべきだというので、夫に連絡してみる、
バッテリーの状態は直ったと言うので、迎えに来てもらう事にした。
夫が来る頃に予定は全て終わって到着を待った。
そして来た夫に事情を説明して、病院に連れて行ってもらう、
自宅に一番近い100mの病院はもう診療時間終了、
さらに、首から上の頭部はこの病院では診られないと
そこで、緊急電話相談というカードを渡され電話するように言われたが、
私が聞こえない、電話が無理と知って代わりに私のスマホで電話してくれた。
そして、適切な病院を教えられてそこに行く、
そこから4,2km 記憶にないが診察券は持っている病院だった。
診断の結果は、私の考えと同じだった、
目(視野)に異常なし、吐き気なし、耳鳴りなし、眩暈なし、
「たんこぶ」です、と、
後からでも物が二重に見えるなどの異常が出たら来てください。
という事で、とりあえず大丈夫。
触らなければ痛みもほとんどない。
膝も歩けるし押さなければ痛くない。
でも、明日はもっと青黒くなっているかもしれないので、
人目に触れる機会が多い場所に行く予定だったが、中止にしました。
本人が平気でも、私を見た人が驚かないために(笑)
アクシデントの一日が静かに終わります。

明日は少しの仕事をして届けるだけ、のんびり過ごします。


私は小児ぜんそくなどの為にめったに走らないで生きてきた、走っても全速力ではなかった
それで、速度が付いている時に止まる方法を知らないでいた。
まるで初めて自転車に乗って、止まれないで転ぶ人のようでした。

経験して分かるようになるには年取りすぎています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるやま

Author:ふるやま
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード