FC2ブログ

捨てる

要らない物、
もう使わない物
多すぎて、

後で使うかもと取っておいたが、何年経過した事だろう
そういう物はもう出番は永久にないかも

どこかで線引きしないと、自分が良いと思うものは他の人にはその価値は分からないでごみとなることも多い
それなら、自分でもそろそろ記憶にもない物はゴミでしょう。

譲渡関連のインターネットで呼びかけてあげたり譲ったり、
それをやってみてよくわかったのは、それ自体がかなりストレスとなる。
連絡が途絶える人、待ち合わせ場所まで持って行くこと、
待っている時間の無駄な事。
さらには売ると決めて金額も提示して、それに合意しての取引のはずが
顔を見てから、突然の値引き、、元々激安にしているのに・・
遠くから来たのにそこで応じないで帰らえるのもと値引きに応じて結果すごく悲しい。

リサイクルショップに持ち込んだ場合、そう言う場所に売ったことは無いのだが
とんでもなく安いと聞いた、数十円、数百円とか、
持って行く労力と時間と、ガソリン代考えたら割に合わない。
手を離れたものがどうなるか、追跡も出来ないのだから
潔く、ごみとして捨てるのが一番楽だと やっと気が付いた。

買ったがいいが静電気が起きやすく、その防止スプレーを使ってもすぐに元の木阿弥という物があった、
静電気防止スプレーを何度もかけて、その時に発生するそれを吸い込むのは体にいかがな物か、
そのスプレーの値段とか、いろいろ考えて捨てた事があった。
衣類の整理中、スエットで黒いのが白いゴミだらけ、これも目立つ、もう着ないから捨てる。
他に着るものが無いわけじゃないからそのゴミが付くのが嫌でめったに着なかったのだし、
無くても構わない、有ったら逆にストレスになる。

既に機械が無いのに取ってあった部品、今後も出番はない、捨てよう。
無駄が多過ぎたと反省。

買ったことを後悔しる物もある、
「迷う(悩む)理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめておけ」この言葉を知ってから
買い方が変わった。
先日友人と買い物中、友人が「凄い安い」とカゴに入れた衣類、
「いつ着るの?本当に気に入って買うの?」と聞いてから
『「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめておけ」と言う言葉があるわよ』と言って見た
友人は考えてから「無駄使いするところでした」と言って商品を戻した。

即決の癖がある私は、この言葉で熟考してから決めるようになった。
手持ちの物をよく考えて、買う必要はどれほどあるか、チャンスは本当に良い場合だけ使おう。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるやま

Author:ふるやま
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード