FC2ブログ

アレルギー

コロナウイルス感染症のワクチン接種がいよいよ本格的に始まりそうですね。
医療従事者に次々と手紙が届いていると言うことです。

今回のワクチン、日本に入ってくる前に海外のサイトなど調べていました。
過去に薬関連のアレルギーによるアナフィラキシーショック経験した人は
避けた方がいいと出ていたのです。

そして日本でもいろいろな情報が飛び交っていて、
摂取した場所でしばらく様子を見れば、何かあってもすぐに対応してくれるとか、
確かにそうかもしれないが、実際どうだろう。
絶対という言葉は存在しないと思う、何が起きるか誰にも分からない。
もちろん大多数は何事も起きないだろうが。

そこで、悶々と悩んだり気にしているよりは、どんな意見になるにせよ
医師に聞いてみようと思った。
定期健診で2月15日に病院に行った時に聞いてみました。

私は40年以上前にごく普通に風邪などの頭痛や発熱の初期に出される消炎剤を
風邪気味だが、職場の人たちと日帰りの旅行に行くことになっていた、
医師に相談したら、
「頭が痛くなったり、熱が出てきたら飲むように」と消炎剤を処方された。
頻繁に薬疹が出ては、抗生物質を変えて処方してくれていた、それはいつも出されていた。
そしてたくさん歩いたりして疲れもあったのかきつい頭痛がしてきたので、
新宿駅に着く30分前にその薬を一錠飲んだ。
夕方だったので帰りに新宿駅で、お蕎麦屋さんで夕食を食べようと言うことになった。
食べようと椅子に座ると、
だぼだぼのペインターパンツがきつく感じた、おかしいと思った、
その時に、体がはれ上がっていると分かったので一緒にいる人たちに
アレルギーが起きているから、家に帰って薬を飲むようだと言った。
おそばは美味しかったが、終わって歩き出したら、目の前がチカチカして真っ暗になった。
意識がなくなった。通りのベンチに座らされたのをなんとなく覚えている。
口から鼻から食べたおそばを吐いた、ベンチのある店の人がティッシュペーパーの箱をくれた
それで同僚たちが私の口を拭いたりしてくれて。
上司(女性)が救急車を呼んでくれて、
救急車の中で部分的に覚えているのは救急隊員が、
「アルコール飲みましたか」と聞いて、一緒に乗った上司が「飲みました」と答えると
『急性アルコール中毒』と言っていたが、
上司が、「この人はアルコール強いです酔っていません、薬疹が出たと言っていました」と言ってくれた。
そして、急遽搬送する病院を変えた、その時に車は大きくUターンした。
私はどこを走っているか全くわからないが、進路を変えたことはわかった。
血圧は測定不能なまで下がっていたと後で聞いた。
行った病院では、少しずつ意識が戻っていた、点滴されて、しばらくそこにいて
時間経ってから回復したので帰ってよいと言うことになった。
必ずかかりつけの病院でこの薬でアナフィラキシーショックが起きた事を伝えるように言われた。
保険証を持っていなかったので、いざというときのために持っていた1万円で支払うが、
後日、保険証持って清算しに来るようにと言われた。
次の日にかかりつけに行って事の次第を話した。
医師は、「その状態でよく帰してくれた、自分だったら一晩入院させて経過を見たが」と言った。
そして今までアレルギーが抗生物質で起きていると思っていたが、その薬が原因だったのかと言った。
二度とそれやそれと同じ成分使っているものは使えないと説明された、
その足で都内の病院に行って清算してきた。


その後もアナフィラキシーは起きていた、アナフィラキシーショックではなかったが、早めに対処出来て助かっている。

このことを今のかかりつけの医師に言って、沢山のアレルギーがあるのはカルテにも書いてあるので、
私の場合、コロナのワクチンは受けられますかと聞いた。
その時点で医師は、「まだ情報が病院に何も来ていないです、あなたは受けない方が良いでしょう。」と書いてくれた。

どっちが危険か、基礎疾患もあるが、わざわざ危険を冒すことはないと思う、
そして、普通以上に注意して、人が多い所にはいかない、
家にこもったままではなくウォーキングなどもしているが、人に会わない場所を歩く
人がいても話をせずさっさと通り過ぎて、絶対距離を保っている。
買い物もほとんどネットスーパーや通販を利用して、どうしても必要な物は夫に頼む。
それでも行く場合は混まない、人気のないお店や、混み具合を見て入るかどうか判断する。
先月は遠くまで高速使っていったが、長蛇の列に入るのをやめて手ぶらで帰った。

自分の身を守るのは自分です。出来ることを頑張る、
お店の入り口に必ずあるアルコールスプレー、
数年前に突然アルコールアレルギーになった現在はそれを使えない。
アルコール使っていない除菌スプレーを持ち歩いています。

コロナも怖いが、目の前のアルコールの方が今の私には脅威ですので。

終息しても、油断できないと考えて行動したいと思います。

アイロン

アイロンの位置を変えて
アイロンも同じもので買い換えて、バキュームボードのアイロン台にセットして
今まで使っていたコードやホースを引っかける部分がかなり変形して
曲がっているので、それを新たに最近出たしっかりしたつくりの物に替えたいが
ナオモト 滴下式アイロン用ディスクボード一式(万力付き)吊りポールと言う
取付場所をアイロン台にしてみると、アイロン台の厚みと場所で悩む
何度か使ってみてその付ける位置だとアイロンもかけにくい
そこで万力を取り付ける場所は違う方が良いと考えて、
後ろに万力付けられる物を置けないかと、部屋を見渡して考える。
そうだ、高さは低いかもしれないが、
インベルやゴムなどを入れて隙間に置いていた奥行きの20cmぐらいの棚を見つけて
引っ張り出して、バキュームボードのアイロン台Q-ingの後ろに入れた
入れる時に爪を剥がしてしまった。その痛みと爪の大きく切れた様子に
あたふたして、そのまま数日放置していた。
爪も治ってから置いた棚にナオモト 滴下式アイロン用ディスクボード一式(万力付き)吊りポールと言うのを
取り付けた。万力がちょうどアイロン台より上になった。思ったよりたかさのある棚だった。
000212_20210128150859c8d.jpg

そしてホースとコードを吊り下げるには高さがありすぎたのでストレッチレースで釣りあげました。

その後3cm幅の黒ゴムで輪を作り下げました。
コードとフォースには背広などに使う厚手の裏地で1,6mの袋を縫ってかぶせました。
001010.jpg


これでアイロンは使いやすくなりました。
位置を変えたら窓際なので昼は明るいが
夜は照明が後ろになるので手元が暗いので、この棚にアームライトをつけます。
全てのミシンそれぞれにアームライトをつけていて、手元を明るくして作業しやすくしています。



先日楽天である本を買った。
Kindleではなくペーパーの方を、iPadにいろいろダウンロードしているので、
容量を増やしたくないことと、後々にも読めるときに読みたいから。
そしてよく考えたらそれはシリーズで10ぐらいあるが、最初のころを読んだだけで
その後、読んでいない。

最近までNHKで「アンという名の少女」を放送していて、
それが、いろんな事情から尻切れトンボの状態で終了した。
実際はもっと続くのだったが、
その続きをネットフィリックスで見られるので
大急ぎで契約して、見終えたら解約しようと考えて、
続きのすべて見終えた。
実際の本のストリート違う部分も多いし沢山の問題を提起していた。
その中で扱われた問題が、途中で打ち切られた原因らしいです。

赤毛のアンをかなり昔子供のころに読んでいるが
シリーズがあることはのちに知った、今回は気になっていたそのシリーズの中の
「アンの娘リラ」を楽天で買ったのです、
シリーズはたくさんあり、リラの話に行く前のいろいろが見たい。
時間はあまりとれないがすこしずつ見ようかと。
単行本サイズだが厚みがあり一冊は高めかな。

ふと思った、楽天だって、中古も売られているので
ほぼ目の前にBOOKOFFがあるので、見て来ようと
行ったら久しぶり過ぎて、配置が換わって置いてあるところがわからない 
店員さんに聞いて案内してもらった。
シリーズが2,3,4,5があったのでそれを全て買ってきた。

ステイホームですが、私は暇じゃない予定が常にたくさんある、
読める時間はいつ?
あれば少しづつ読めるかな、

老眼になって速読はできなくなった。
でも読むこと自体は好きです。

運動不足と補聴器事情

最近ウォーキングを始めて、
まあまあの回数行けるようになったところで
体調崩して、小さな怪我したり、頭痛が酷くなったり、
予定がびっしり入ったりという状態で、ストップしている。

また、歩かなくては、外の空気も吸わなくては、

でもやっと忙しかった予定が終わって 動けるという時に、
また頭痛が時々ある、低気圧も関係いている、なんでだろう、
一応薬は処方されているが、頼り過ぎないようにしたい。


補聴器は今週月曜日に購入しました。
今回、最初に補聴器店で相談して今までのより安いのにしようと思っていたが、
以前から知っている手話もできる人に担当を代わってもらった、
そして購入予定のものを試聴して、音の質の違いに驚いた。
その入ってくる音で一日中付けていたら、体が変になりそう、
そう思って感想を言ったら
「今までつけているものは、音が柔らかいのです、
この試聴した方は音が固いです、どっちにしますか?」
どっちみちどんなに良いものをつけても、すでに音はわかっても
言葉が判別できにくい聴力だから安くていいと単純に思っていたが、
音がなければ危険だから、毎日ほとんど起きている間は着け続ける、
そう考えると、我慢していたら頭痛がしそう、体調もおかしくなるかもというものを
選んだら5,6年ずっと後悔しなければならなくなる、
高いものだからすぐに作り直せない、身体障碍者への助成金の仕組みも決まりがある。
それで、結局今までと同じ機種を選んだ、その差額がすごい、
自己負担金の総額は、・・・

どうしようもない、買い替え時期がそろそろ来ると分かっていたことだったが
なんとなく忘れかけていた。

永久に使えるわけじゃない、劣化や故障が起きる、機械だからね。

健康って失って初めて、ありがたさが身に沁みます。

今 若い人たちがイヤホンで音楽聞きっぱなしとか、大きな音で音楽しんでいる様子を見て
心配しています、耳を大事にしてほしいなと、
聞こえにくい人が多くならないように、用心して耳を大切に使ってほしいです。

風のそよぐ小さな音や
小鳥の声、小川のせせらぎなど また聞きたいです。

今の私の耳では完全に無理になりました。
親しい人たちとのおしゃべりも、
母との会話も、出来なくなりました。

夫が手話を覚えようと頑張ってくれています、
会話は全くかみ合いませんので、
覚えた簡単な単語と、数字を手話で伝えてくれいます。
その前向きな努力に感謝しています。


プロフィール

ふるやま

Author:ふるやま
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード